「小料理 一久」の夏季限定逸品料理

     季節を愛でる逸品に涼を呼ぶ器


鹿児島市、市電天文館電停より徒歩5分に位置する「小料理 一久」
接待や、家族の食事と大切な人のもてなしの場に利用される事の多い、鹿児島を代表する名店。

すっぽん・ふぐ料理のほかに、黒豚・地鶏料理など、鹿児島の味覚を存分に堪能できる店としても知られています。男女問わず支持されるここ「小料理 一久」の人気は、確かな腕前はもちろん、大将の繊細で優しい人柄と、季節感を大切にする心意気にあります。

今回、夏にお薦め一久の逸品料理をご紹介。



 
【氷鉢】 

鱧(はも)の湯引きに、蒸しアワビ、車海老。身のしまった鱧は、淡泊な味わいに「しゃきしゃきプリッ」とした食感。夏の訪れを感じます。さらに、鱧同様高級食材と言われるアワビ。ふんわりとした磯の香りに、肉厚でふわぁと柔らかな食感に至福の時を感じます。季節の食材を贅沢に使った逸品です。




【鯨のお造り】


ここ数年で鯨の栄養価に注目されていることから、「小料理 一久」でも人気の高い逸品。
鯨の肉はタンパク源・鉄分が豊富で、免疫力を向上させるビタミンAも豊富です。
少量でも十分な健康効果が期待できる、鯨は夏バテの時にもお薦め。
年配の方にとっては懐かしい料理と楽しまれています。
さっぱりとしたポン酢で、うねす(ベーコン)・さえずり・ひゃくひろ・おばと様々な部位を堪能できます。




【茶そば】

風味の豊かな茶そばは、夏の人気メニューのひとつ。お酒を楽しんだ最後に〆として召しあがる方や、ランチタイムに単品で注文される方と様々。濃厚な自然薯と、出汁の利いた麺つゆが、茶そばを上品に引き立てます。


価格:800円

【稲庭うどん】

柔らかく、ツルン・ツルンと心地よい喉越しが、クセになる逸品。上品な麺つゆとの相性も抜群。甘さ控えめの麺つゆと、喉越しの良い稲庭うどんは、後味もさっぱり。食欲が落ちる夏、この一皿で涼を感じてみませんか。夏は冷たく・冬は温かな出汁で楽しめます。

価格:800円


【じゅんさい】
夏の風物詩「じゅんさい」。ぷっくりとしたじゅんさいは、独特のぬめりと風味、さらにプリプリの食感がクセになります。





【もずく】
食欲のない時は、酸味に限りますよね。
繊細はもずくの食感に、角のない酸味が、ツルンと喉を気持ちよく通って行きます。



【らっきょうの酢漬け】

ちょっとした箸休めにぴったりなのが、こちらのらっきょう。独特の香り・シャキシャキの食感が食欲を掻き立ててくれます。

上品な甘酸っぱさもさすがです。

 

小料理 一久[和食]
黒ぢょかで鹿児島の焼酎を存分に味わって

鹿児島・天文館にある小料理一久は、お飲み物も豊富にそろえています。鹿児島県外のお客様にオススメは黒ぢょかで飲む鹿児島の焼酎。接待にも喜ばれます。そのほか、日本酒シャンパンワイン、またオレンジやマンゴーで割った焼酎、フルーツビールは女性にも人気。
女性に大人気すっぽん雑炊
鹿児島・天文館の「小料理一久」にお越し下さる女性のお客様にご好評いただいているのが、こちら「すっぽん雑炊」。コラーゲンたっぷりのすっぽんだから美肌効果も!! 一久の「すっぽん」は、時間と心を込めて下処理をしているから、クセがないと好評です。初めての方でも安心して召しあがっていただけます。飲んだ後の〆に雑炊を食べにきていただくお客様も最近では増えてまいりました。もちろん接待でのご利用も多いです。
価格は¥1200
鮮度あってこそ提供できる絶品メニュー

鹿児島・天文館にある小料理一久では、すっぽん料理もオススメです。生きたまんまのすっぽんを仕入れているからこそ、新鮮なメニューが提供できる。味は鶏肉に近く、女性でも食べやすい。鹿児島の食通の方にもご好評頂いているので、接待でも大変喜ばれています。

県外のお客様のおもてなしの場に

鹿児島の素材をふんだんに使った鹿児島の郷土料理が食せるとあって、天文館にある「小料理一久」には観光客も多く訪れる。そんな観光客に人気なのが、薩摩コースきびなご・さつま揚げ・軟骨塩焼き・郷土料理をはじめとする鹿児島ならではのお料理でおもてなしいたします。黒豚も人気で、特に桜島の溶岩プレートを使った溶岩焼き¥2000が一番人気。県外からの接待の場としてもご利用頂けます。