矯正歯科の治療には、様々な方が訪れます。
他人から見ると、気にするほどでもないのに・・・と思っていても、本人からしてみれば、コンプレックスと感じてしまうことも少なくはありません。
矯正歯科の治療で、コンプレックスを解消し、自信の持てる『スマイル』を!!

下記の写真は様々なタイプを症例・治療別に紹介しています。

 
症例ケース1 (叢生 そうせい)

永久歯の生えるスペースが不足し、歯がデコボコになったり、重なり合っている状態を叢生といいます。叢生の場合、歯みがきがしにくく、汚れが付きやすいので、歯周病や、虫歯の原因になる場合も。
 
治療前
矯正治療後

症例ケース2−1  (反対咬合 はんたいこうごう)

一般に下あごの骨が過剰に成長し前方に突出した状態で、受け口とも言われています。
咬みあわせが反対になっているため、咬む力が弱くなったり、発音がしづらくなる場合もあります。

 
治療前
矯正治療後
治療前
矯正治療後
美しい歯並びに、全体のイメージが変わり、笑顔も自然とこぼれます。
治療前
下唇が少し、出ている状態が気になり、治療開始
矯正治療後
顎のラインがスッキリとしました。
症例ケース2−2 (反対咬合 はんたいこうごう)
 
治療前

矯正治療後

治療前

矯正治療後

治療前

矯正治療後
治療前
矯正治療後

 

CALLA[カラー]矯正歯科クリニック [矯正歯科]
CALLA矯正歯科クリニック
院長 大勝 貴子 さん
カラー矯正歯科クリニックには、日本矯正歯科学会認定医・指導医を取得した矯正歯科の女性専門医が治療を行ます。認定医の資格は、5年以上日本矯正歯科学会に所属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、厳しい審査に合格した医師にのみ与えられます。女性医師ならではの細やかな気遣と、高い治療技術は定評があり、県内はもちろん、県外から訪れる人も少なくはありません。

■鹿児島大学歯学部卒業後、同大学歯科矯正学講座、宮崎大学部医学部歯科口腔外科学講座で研鑚。
■1996年日本矯正歯科学会認定医取得
■2004年CALLA矯正歯科クリニック開設
■2006年日本矯正歯科学会指導医取得
豊富なカラーで楽しむ歯科矯正
今や、歯科矯正はファッションのひとつ
ひと昔前の歯科矯正は、金属の装置が主流でしたが、現在では、歯の色に近い装置が多く開発されています。鹿児島・天文館BIGIビル4階、カラー歯科矯正クリニックでも、もちろん歯の色に近い装置を選択しています。装置とワイヤーの固定は細い針金や小さなゴムで行いますが、小さなゴムには目立ちにくい透明もあれば、カラフルなカラーゴムもあり、毎月の調節ごとにカラーバリエーションを楽しむ人も多いそう。ワイヤーの色は、オーソドックスなシルバー、肌の色に近いゴールド、歯の色に近いホワイトから色を選択できます。


詳しくはこちら>>>>
見えない歯科矯正で一歩踏み出せる
歯科矯正に踏み込めない理由の一つに、見た目の点が挙げられます。最近注目されている、歯の裏側に装置を付ける「リンガルシステム」なら、見た目を気にする必要がありません。治療期間も表に付ける歯科矯正と殆ど変わりがありません。「裏側の装置だと話にくいのでは?」と思われますが、キャビンアテンダントや、アナウンサー、受付と人と接する機会の多い職業の方が、リンガルシステムで歯科矯正を行っています。


詳しくはこちら>>>>

結婚式前に歯科矯正
輝くシーンに最高の笑顔で

人生でもっともキレイでいたい瞬間「結婚式」。鹿児島・天文館BIGIビル4階、カラー矯正歯科クリニックでも、結婚前に歯科矯正の治療を始める方も少なくはありません。歯の裏側に装置を付けるリンガルシステムなら、口元も気になりません。式の約6カ月前に治療をスタートさせると、これまで気になっていた歯並びも、自信の持てる歯並びへと変わっています。
また、目立たない下の歯だけを、表側の装置で矯正し、上の歯をリンガルシステムで矯正するというケースも。
歯科矯正は、もちろんカラー矯正歯科クリニックでは、歯のホワイトニングなどデンタルエステも受けられます。結婚式という、生涯思い出となる、記念の日、自信をもって笑顔になれる花嫁に。